スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
墨俣一夜城
2012 / 01 / 19 ( Thu )

ローズちゃんに案内してもらったお散歩コースは、なんと秀吉の出世伝説のある墨俣一夜城だ

IMG_0037.JPG

籐吉郎が築城当時は木曽川と長良川などの河川がこの地点で合流しており、しかも、対岸が尾張領で、尾張から美濃へと長良川を渡河する重要な地点でもあったんだそうだ。地形は大きく異なるも、長良川右岸堤防の下を流れる犀川端に築かれ、今も治水施設がたたずむ中に城があったよ

IMG_0052.JPG

実際のお城はこんな立派なものではなく掘立小屋みたいなものだったらしい。今現在のお城は、大垣城を模写して建てられた墨俣歴史資料館なんだって

IMG_0045.JPG

IMG_0047.JPG

 

お父さんが中に入ってきたのでちょっと紹介するね。

IMG_0049-tile.jpg

IMG_0056
IMG_0056 posted by (C)ともかお M

IMG_0058.JPG

その間僕たちは外のあずまやで待っていたよ

IMG_0046.JPG

IMG_0059.JPG

お城の前にはたくさんのひょうたんがつられていたよ。これは秀吉の馬印の千成瓢箪にあやかり願いを込めたひょうたんを毎年10月のすのまた秀吉出世祭りのとき薪能のかがり火となるんだってそれにより願いがかなうんだそうだ。

IMG_0039.JPG

十六夜日記の作者阿仏尼が墨俣を通ったその時によんだ歌「かりの世の ゆききとみるも はかなしや 身をうき舟の浮橋にして」の歌碑があったよ

IMG_0043.JPG

ほかにも西行の「春くればうぐいすのまた 梅に来てみのなりはじめ花のおわり」(春がやってきてうぐいすが梅に止まり梅の実が成り始めて花が散って終わる頃に美濃(岐阜県)と尾張(愛知県)の境にある洲俣に来た)の歌碑があったよ

IMG_0042.JPG

とても素敵な散歩道を紹介してもらって大満足した僕たちと大喜びの歴女のおねえちゃん。暑くなってきたので駐車場に戻りましょう

IMG_0062.JPG

IMG_0064.JPG

戻る途中でもうすぐ咲きそうな彼岸花に留まっているアゲハチョウを見つけたよ

041.JPG

                 ―つづく―

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ  img7e3e4592zik5zj.gif←応援よろしくね 

      

 
スポンサーサイト
17 : 11 : 35 | ペット報道員 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<大垣城 | ホーム | ローズちゃんとデート(待ち合わせ編)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dog2cat1.blog.fc2.com/tb.php/1230-54993684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。